【超速理解】お酒を1滴も飲まずに10年経って得られた5つのこと 勝間和代式

  • 自分の飲酒歴は20〜32歳まで、量は1日ワインなら半分から1本、ビールなら1リットル、日本酒なら2〜3合
  • タバコをやめたタイミングでお酒もやめられるかもしれないと試したらやめられた
  • しかし39〜41歳まで再び飲酒生活に戻った。その後やめて10年間経過した
  • 断酒してよかったこと
    1.時間が増えた:以前は飲み会にいくと1日が終わった。現在は飲み会に行っても飲まないので会話が楽しめる
      その後自宅で家事や仕事が出来る。朝すっきりと起きられるので1日が有意義に使える
    2.お金が貯まる:お酒は高いし、飲み会でも結構な出費になる。その分積み立てたり、趣味に使えるようになった
    3.加齢が遅くなる:お酒を飲んでいた期間は老化したという自覚がある
      肝臓をアルコール分解のためだけに使っていたのだから当然
    4.自己コントロール感がある:お酒がやめられるのだから、砂糖やカフェインはやめられるという自身になる。
      自己肯定感が増す
    5.お酒をやめるメリットをアドバイスできる
  • お酒をやめるコツは「お酒を家に置かない」「お酒を飲める場所にいかない」です
勝間和代の、お酒を1滴も飲まずに10年経って、得られた5つのこと
タイトルとURLをコピーしました