【超速理解】子どもの【叱り方に悩んだ保育士が見つけた】“伝わる”言い方 てぃ先生式

  • いつもいたずらを繰り返す子供には2パターンある
    1.注意を引きたい:子供接する時間・機会が減っている可能性があるので、配慮してあげる
    2.叱った内容が子供伝わっていない:「走ったらダメ」と言われたら大人は「歩こう」という代替案が思いつくが、子供はそれがわからない。よって「走ったらダメだから歩こうね!」と代替案を示してあげることが必要
  • 靴をなかなかはかない子供に「靴!」というのではなく、「靴をはこうね!」と具体的に何をすべきかを指示してあげる
  • こういう言い方は子供にとっても有効だが、大人にとっても心が落ち着く良い言い方なのでおすすめです
子どもの【叱り方に悩んだ保育士が見つけた】“伝わる”言い方
タイトルとURLをコピーしました